不動産会社に売却するために必要な書類の準備が大変だった

家を売却するとき

【不動産売却相場】東京都台東区のマンション | マンション売却 一括査定なら|スマイスター不動産&マンション売却査定.com

家を売却すると決まったときに、不動産会社に相談をして、いろいろなことを決めました。
引越しをするときになって、はじめは家をそのままにして貸し家にするのもいいかもしれないと思いましたが、思い切って売ってしまおうとことになりました。
売却するときに必要な書類などについて不動産会社に確認しながら、家のこともいろいろと進めて整えていくのはとても大変でした。
不動産会社に確認したところ、家を売却するときには建物や土地の登記に関することが書かれている登記事項証明書、つまり登記簿謄本は必ず必要になるということです。
建売の場合は売買契約書、もし注文住宅の場合は土地の売買契約書と建物工事請負契約書が必要になる、といわれましたが、自分の場合は建売で購入したものだったので、売買契約書だけでよかったのが助かりました。
それから、重要事項説明書が必要なのですが、建売の場合は不動産屋からもらっている書類を用意しておくことになります。

家を売却するとき必要書類がなかなか見つからなかった買うより売るほうが大変

不動産を売却する際に必要な書類

自身の名義で所有している戸建不動産の売却をする事になり、色々な不動産会社をまわり、とりあえずは査定をしてもらいました。
その時に必要となった書類は、権利書と間取りや測量図、建物に関する保険等、設備などの説明書等などでした。
固定資産税の徴収書も見せました。
権利書はとりあえず確認の為にとの事で、お見せしました。あとはコピーを取らせてほしいなどの希望がありましたが、査定にて信用できる、ここに任せようと決めた会社にしかお渡ししませんでした。
そして、査定の結果、1番一生懸命やってくれそうな会社に売却依頼をし、販売開始における媒介契約を交わして募集をしてもらいました。
住んでいる状態での募集でしたので、見学がいつ来てもいいようにと毎日綺麗に片付けや掃除をして見学者を待つ日々が続き、ようやく1年が過ぎようとした頃に購入意思のあるご家族から申し込みを頂き、売却する事になりました。
契約時には、コピーしか渡していないもの、間取り図や建物の書類等を持参し、固定資産税については会社側が評価証明等を取得してくれていましたので不要でした。
謄本や測量図も法務局で取得してきてくれたようです。権利書については、この時点で一応会社の方にはコピーを渡しました。
あと、身分証明書のコピーです。現金は契約書に貼る印紙代だけでした。
印紙代は売買代金によって違いがあり、自身の時は1万円でした。
契約当日は買う人から手付金と呼ばれる売却代金の一部が支払われますが、これに対しての領収書も会社側が作成してくれました。
会社側は仲介としてほとんどの事をスムーズに纏めてくれたり、不足なものや用意するものなども事前に連絡してくれてとても助かりました。
そして家を明け渡す当日までは、自身の方では残債、いわゆる住宅ローンの残りがあり、抵当権設定がされていたので、明け渡すまでに抵当権を抹消する旨の事を銀行に出向き手続きをしました。
登記等は会社側が司法書士を紹介してくれましたので、良かったです。
明け渡す当日は、買ってくださったご家庭も住宅ローンを組む為、相手側の銀行へ出向きました。
そしてその場で残代金のやり取りや領収書、会社への仲介手数料、司法書士への報酬等などを執り行って完了ですが、領収書のような書類や契約時の契約書なども会社等が用意してくれます。
わからない事だらけで、どれが必要な書類なのかなど不安でしたが、とりあえず最も大切なのは権利書だとの事で、これが紛失しているなどの場合は明け渡すまでには紛失している旨を伝えておかないと明け渡す事もできないそうです。
できれば売却依頼時には必ず手元にあるようにするか、紛失しているかを明確にしておいた方が良いかと思います。
また、土地の測量図などは手元になくても法務局に登記されていれば仲介に入る会社が取得しますので、なくても構わないですが、戸建の場合、間取り図はあった方が良いかと思います。
間取り図を参考にして会社はネット掲載や販売チラシを作成する為、間取り図がない場合ですと、会社の担当者による手書きで間取り図作成となります。
設備や建物の保証書類等は、あれば販売時におすすめキャッチコピーとして使えるものもあります。
耐震診断等を受けた、シロアリ対策できている、床暖房やオール電化など、設備本体にしてもキッチンが食洗機や浄水器があるなどもアピールできるので、とりあえずあるものは全て用意しておく事がおすすめです。
また、リフォームをしているのであれば、その見積書もあるといいです。契約時に売る側は告知書というものに回答をしなければならず、建物や土地の事で知り得る事を全て告知する義務があり、リフォームもそれに含められます。
その時にスムーズに回答できます。